人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
データ集
http://pata.cocotte.jp

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト


※携帯サイトへ
イメージ画像75-004

人間関係・恋愛のデータ集

 当サイトで使用している人間関係・恋愛のデータ集です。中には、他社・他団体の調査に基づくデータもありますが、大半は当社が独自のアンケート調査を行なった結果に基づくデータです。


ただのいい人の特徴

ただのいい人の特徴のグラフ
 まずは(ただの)いい人の特徴をいくつかあげてみましょう。

  • いつも笑顔でニコニコしている
  • 絶対に怒らない
  • 相手を怒らせるようなことも言わない
  • いつも親切でとてもやさしい
  • 自分の意見をほとんど言わない
  • 相手や周囲に合わせるのが得意

...などなど。

 上記のような「いい人」といっしょにいると、"とりあえず"とても安心します。
 相手に安心感を与えることは、人と人とのつき合いの中ではとっても大切なことです。そしてそのことを、いい人は充分に理解しています。理解しているからこそ、そのように振る舞えるのです。

 しかし、安心感のほかに無意識の中で、いい人に対して相手は何か別のものも感じています。
 上記にあげたそれぞれの特徴に「この人は何故」と「のだろうか?」の言葉を付け加えると何となく分かってきます...

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


嫌われる人の特徴(同性・異性にかかわらず"人間として")

嫌われる人の特徴のグラフ
 それでは、「嫌われる人」は、いったいどんな人なのでしょうか? 一般的なものとして、いくつか特徴をあげてみましょう。

  • わがままで自分勝手
  • 協調性がない
  • 必要以上に他人に干渉したり詮索する
  • 乱暴で攻撃的な性格
  • エコひいきする
  • 強い人や偉い人に媚びる
  • 暗い
  • 冷たい
  • 意地悪で嫉妬心が強い
  • 自分に甘く、他人に厳しすぎる

...などなど。

 上記のような人が嫌われるのは、"いい人"であれば誰もが知っています。そして、いい人は自分はそうならないようにいつも気をつけています。だから、一見(いっけん)、いい人は上記のどれにも当てはまりません
(※「暗い」の代わりに「おとなしい」であれば、当てはまっている人はたくさんいます。)

 ですが、本当に当てはまってないのでしょうか?...

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


好かれる人の特徴(同性・異性にかかわらず"人間として")

それでは、「好かれる人」とは、いったいどんな人なのでしょうか?
以下に、一般的な特徴をあげてみます。

  • いつも元気で明るい
  • 他人に思いやりがある
  • 物事に積極的に取り組む
  • 責任感がある
  • どこか余裕を感じる(頼りがいがある)
  • 喜怒哀楽が分かりやすい
好かれる人の特徴のグラフ
...などなど。

 また、中には上記の要素の一部が欠けていても、多くの人から好かれる人もいます。
 たとえば、お金持ちやスポーツ選手、知識人、有名人、ずば抜けて仕事(勉強)が出来る人、などです。(ただし、そこを鼻にかけて傲慢な態度を取る人は、逆に嫌われます。)

 このような人たちは、どこかエネルギッシュなオーラ(雰囲気)を放っています。

自信のある人は、周りの人にエネルギーを与えている

 そして、心の根底に確固たる自信を持っています。非凡な才能があるのだから当然といえば当然なのかもしれませんが、こういう人たちは常に「周りの人にエネルギーを与えている」のです...

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


男性に恋愛感情を持つときに影響を与える要素

男性に恋愛感情を持つときに影響を与える要素のグラフ
 特に男性の場合「いい人は女性にモテない。」とよく言われます。
 普通に考えれば、悪い人よりも良い人の方が好まれるし、好まれないよりは好まれる方がモテるんじゃないかと思うのですが、恋愛についてはそんな単純な話ではないようです。

 しかも、これは男性に限った話ではなく、女性にも近いことが言えそうです。魅力的な女性の代表として「小悪魔」という言葉があるように、少しぐらい悪い方が、異性から魅力的に見られるようです。

ツンデレな女性は、男性を魅了します。
・基本的にクールで、ときどき優しい一面を見せる男性は、女性を魅了します。

 とりわけ、いい人扱いされて女性から恋愛対象として見られない男性は、このクールさが足りないとも言えます。(もちろん、それだけではありませんが。)

 しかし、その一方で「やさしい人が好き。」と言う女性が大勢いるのも確かであり、なんとも矛盾しているようにも感じるのですが、実は、この"矛盾"の正体は、男性がイメージする優しさと、女性がイメージする優しさとのギャップが生み出しているものなのです...

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


恋愛マニュアル本で役に立った人の割合

恋愛マニュアル本で役に立った人の割合のグラフ
 もしかしたら、あなたも手に取って読んでみたこともあるかもしれない、巷(ちまた)にあふれる『恋愛マニュアル本』に書いてある内容は、要するに「これ(=演技)をやってください。」と言っているに等しいのです。
 マニュアル本には(どのように演技すれば良いのか?)が書いてあります。

 そして、本に書いてある通りに行動するのは、普通の人にはまず不可能です。それが出来るのは、普段から充分に女性からモテていて、本来『恋愛マニュアル本』など読む必要がないような男性だけです。

 すでに、無意識のうちに『恋愛マニュアル本』に書いてあることに、極めて近い行動パターンを持っている男性だけなのです。

 また、仮に演技が上手くいったとして、それで恋愛をスタートさせることが出来たとしても、一人の相手と長続きすることも極めてマレで、肝心の幸福感も極めて少ないものになります。

 何しろ、自分の正体が"いい人"であることを、細心の注意を払って隠し通さなければならないのですから。
 モテる男の皮を被ったいい人...これは非常に疲れます。せっかくの恋人を目の前にしながら、幸福感を感じている余裕などなくなってしまうほどです...

つまり...

恋愛マニュアル本は、あまり役に立たない

...と言っても過言ではありません。

 つづきは、いい人がモテない理由とは?をご覧ください。


出会いのきっかけ

出会いのきっかけのグラフ
 一生懸命合コンに参加してみたり、出会い系サイトに登録してメールを打ちまくったり、高いお金を払って結婚情報サービスに登録してみたり...そんなことに時間とお金を費やす前に、女性からモテる方法をキチンと基礎から学んで人知れず訓練を積んだ方が、遥かに良い結果が出せるというものです。

 確かに、合コンにしても出会い系サイトにしても結婚情報サービスにしても、積極的に行動することは一つの訓練とも言えそうです。必ずしも無駄とは言い切れません。

 ですが、これらの活動を通して上々の成果を得るためには、あなた自身のスキルがそれに見合ったものでなければなりません。
 そうでなければ、せっかく頑張って一人の女性をつかまえることが出来たとしても、その相手との交際を長続きさせることは出来ないのです。

 そうやって無駄に傷つきながら、ますます自信を失ってしまっては元も子もありません。

 もちろん、最終的には「恋人が欲しい」という目的があるのですが、まだ自分は(そのレベルに達していない)と考えた主人公は、その前段階としての「さまざまな訓練」を積んでいるわけです。訓練のパートナーは「」であったり「男友達」であったり、時には「女性の知人」であったりもします...

 つづきは、改造人間リアルアイドルをご覧ください。


いい人が好きな女性の割合

いい人が好きな女性の割合のグラフ
 実を言うと、「いい人」のままでも恋人はできるんです。
 まあ、さほど人数は多くないですし、いい人を異性として見られない女性に比べれば、圧倒的に少数派なのは確かです。ただ、著者の経験から言うと「100人のうち3〜4人ぐらい」は確実に存在しているらしいんです、「いい人が好き」という女性が...。

「いつもいつも女性から「いい人扱い」されてしまう」

 と悩んでいる男性は、出来ることならこのような「いい人が好き」という女性と結ばれるのがベストです。

 仮に、友人や誰かからのアドバイスを参考にして「いい人からの脱却」に成功し、女性からいい人扱いされることがほとんど無くなったとします。ですが、"それでも"「いい人が好き」という女性と結ばれる方がベターです。(もちろん、「絶対にそうしなさい。」とは言いませんが。)

 その理由は、そもそも"本当の意味"での「いい人からの脱却」自体が不可能だからです。
 たとえ周囲の人からいい人扱いされなくなったとしても、それは単に"いい人に見られないような対処法"を身に付けただけであって、本当の意味で「いい人からの脱却」を果たしたわけではないからです。
 そういう意味でも「いい人が好き」という女性と結ばれる方がベターだと言えるのです。

 しかし、ここで一つ大きな問題があります。
いったい、どの人が「いい人が好き」な女性なのか?)普通はなかなか見抜くことができません...

 つづきは、改造人間リアルアイドルをご覧ください。


生理的にイヤ、男女の比較

生理的にイヤ、男女の比較のグラフ
女性は愛されて結婚する方が幸せ」  という言葉をよく聞きます。ですが、それは女性の側に限った話ではなく、男性の側にも同じように言えることです...

...いやっ、決して同じではなく、逆に"男性の方こそ"愛されて結婚する方が幸せなのです。

 回り回って結論を先に言えば、いちばん幸せなのは お互いに愛し合える結婚をすることです。

「b生理的にイヤb」という言葉があります。
 これは主に"女性が使う言葉"です。男性はあまり使わないし、相手がよほど変な女性でない限り、そういう感情を持つことはほとんどないのが男性です。

 つまり、女性心理の中には理屈抜きで(先天的にこの男性はイヤ・この男性ならイイ)と判断する選択の本能があるのです。

 逆に、男性心理の中には理屈抜きでそういう選択をすることはほとんどありません。相手の女性を好きか嫌いか判断するときには、(後天的な目に見えた)理由なり原因なりが必ずあるのが男性なのです。

 要するに、女性が愛情を注ぐことができる相手(男性)の"ストライクゾーン"は非常に狭く、男性が愛情を注ぐことができる相手(女性)の"ストライクゾーン"はとても広い、ということなのです。

 また、男性は(後天的に)何をどう努力しても、どのように直してどう変わったとしても、必ずしも相手の女性から愛情を受けられる保証はなく、女性は(後天的な)努力の内容とその量によって、いくらでも相手の男性からの愛情を受けられる可能性があるということです...

 つづきは、改造人間リアルアイドルをご覧ください。


どちらが先に好きになったか? 離婚率データの相関関係

どちらが先に好きになったか? 離婚率データの相関関係のグラフ
 つまり、確率論で考えたときに、男性の側が選ぶよりも、女性の側が選んだ相手と結婚する方が、相思相愛の夫婦になれる確率が高いということです。

 当然、この話に反対意見をお持ちの方も大勢いらっしゃると思います。

(男が女を愛するからこそ、女も男に愛情をもって返してくれるというのも、一つの形としてあるんじゃないのか?)

...といった感じでしょうか?

 たしかに、そういうケースは多々あります。

 でなければ「女性は愛されて結婚する方が幸せ」の言葉を、女性の側が真(ま)に受けて、さほど好きでもない男性と結婚したカップルは、"全員が不幸"ということになってしまいます。

 ただ、それで幸せになっているカップルは、(たとえ結婚を決めた時点ではそう思えなかったとしても)もともと女性の側に"相手の男性に愛情を抱ける素養"があったという、ただそれだけのことなのです。

 つまり、もともと女性の側に"相手の男性に愛情を抱ける素養"が無かった場合、たとえ女性が愛されて結婚したとしても、けっして相思相愛の関係になることは出来ないのです。
 このように、「女性は愛されて結婚する方が幸せ」という言葉には、"飛んでもない落とし穴"があるのです...

 つづきは、改造人間リアルアイドルをご覧ください。


浮気に対する意識調査

浮気に対する意識調査の集計結果
 テレビでトーク番組などを見ていると、女性芸能人がこんなコメントをするのをよく耳にします。

「男って、"絶対に"浮気するじゃん。」

 私(担当者)自身の経験からも、過去につき合った女性の多くが「浮気をしない人とつき合うのは(あなたが)初めて。」と口にしています。女友達から受ける相談の中にも「いつもいつも彼氏に浮気をされる。」といった内容が非常に多く見受けられます。

(*注:私=担当者は"基本的には"浮気しません。浮気が嫌いだからです。するのもされるのも嫌いですが、どちらかといえば、相手に浮気されるよりも自分が浮気する方が罪悪感を感じるので嫌いです。)

 実際に、世の中の多くの女性が彼氏の浮気に悩まされているのが現状のようです。

 しかし、こういった話にちょっと違和感を感じることはないでしょうか? 一般的な男性であればすぐに分かると思うのですが、(そもそも浮気をするような男って、そんなに多いかなぁ?)とは思いませんか?

 上の「意識調査の集計結果」を見れば分かるように、「基本的に浮気をするつもりはない」と「絶対に浮気はしない」を合わせると、全体の68%を占めています。
 つまり、全体の約7割は「浮気をしない男性」であり、約3割が「浮気をする男性」である、という結果が出たのです。

 おかしいとは思いませんか?
 毎回のように彼氏に浮気をされている女性は、少数派である約3割の男性ばかりを選んでつき合っているということになります。宝くじほどではありませんが、確率的にはソコソコ低い話とは思いませんか?...

 つづきは、男って、絶対に浮気するじゃん...の真相をご覧ください。


浮気に対する意識調査(恋人がいる場合といない場合)

浮気に対する意識調査(恋人がいる場合といない場合)の集計結果
 近年、男性にとっての恋愛事情はますます厳しいものになっています。
 先ほどのアンケート結果と、女性芸能人のコメントや私(担当者)の元彼女たちの言葉や女友達の相談内容を総合すると、全男性の約3割を占める「浮気をする男性」の側に、多くの女性たちが集中してしまっているのではないかと感じます。そこで、先ほどのアンケートの結果をさらに詳細にデータ分析してみました。

 お分かりいただけるだろうか?
 恋人がいる男性約7割が「浮気をする男性」であり、恋人がいない男性約9割が「浮気をしない男性」という結果が出たのです。

 これはある意味、

  1. 浮気ができるほど魅力的な男性だから恋人がいる。
  2. 浮気どころか魅力のない男性だから恋人がいない。

 とも言えそうですが、実はそんな単純な話ではありません。

  1. 魅力があるから→恋人がいて→浮気だってできる
  2. 魅力がないから→恋人もいなくて→浮気もできない

 といった"できる・できない"の話ではなく、あくまでも"積極的に浮気をする気持ちがあるか・ないか"の話なのです。

 仮に、女性の側に何一つ"非"がなかったとして(男性の浮気の原因が、恋人(女性)の態度や言動にあるケースも多々ありますが、そういった場合は除きます。)、その場合に男性が浮気をするかしないかは、基本的には人としての常識・相手に対する誠意の問題であり、魅力があるから浮気ができる、魅力がないから浮気ができない、といった単純な話ではないのです...

 つづきは、男って、絶対に浮気するじゃん...の真相をご覧ください。


モテない男(こういう男とはつき合いたくない)の特徴

モテない男(こういう男とはつき合いたくない)の特徴のグラフ
 グラフに当てはまる男を「タイプA(モテない方)」とします。

 これらの中で、努力によって充分に改善できる要素は、デブ・肥満・ダサいファッション・清潔感がない・性格が暗い・優柔不断、です。

 また、努力によってある程度なら改善できる要素は、ハゲ・低学歴・低収入・非正社員・口下手・運動音痴、といったところでしょうか。

 では、今度は女性からモテる男の特徴をあげてみます。

B.イケメン・高身長・ファッションセンス良し・高学歴・高収入・一流企業・公務員・コミュニケーション能力が高い・スポーツマン・爽やかな笑顔・明るい性格・やさしい・面白い・頼りがいがある...

 仮に、現在のあなたが「A(モテない方)」のようなタイプの男だったとして、女性からモテたいために少しでも「B(モテる方)」に近づこうと努力を始めたとします。


モテる男(こういう男ならつき合いたい)の特徴

モテる男(こういう男ならつき合いたい)の特徴のグラフ
 中には、チビ・(骨格的な意味での)ブサイクなど、努力ではどうにもならないものもありますが、努力で何とかなるものは、努力で改善していけばいいわけです。

 いわゆるこれが"正攻法"と呼ばれるもので、内容によっては相当な努力を要するものもあり、とても辛い修行の日々を耐え抜かなければならないこともあるでしょう。

 仮に、そういった努力の結果、あなたが今の「A(モテない方)」の状態から、下記の「C」の状態にまでなれたとします。

C.チビ・ブサイク・スリムな体型・目立たない程度のハゲ・オシャレなファッション・まあまあの学歴・そこそこの収入・二流企業の正社員・普通レベルの会話力・下手くそだけどスポーツ好き・清潔感はある・明るい性格・やさしい・時々なら面白いことも言える...

 確かに、以前よりはかなりマシな感じはします。モテモテとまではいかなくても、ここまで来れば、あとはタイミングと出会いしだいで恋人の一人ぐらいは出来そうな気がします...

ちょっと待ってください...本当にそうでしょうか?

 考えてみてください。あなたも薄々気がついてらっしゃると思いますが、世の中には「B(イケメン・高身長・高収入など)」のタイプにもかかわらず、女性からまったくモテない男がいます。逆に、「A(ブサイク・チビ・デブ・ハゲなど)」のタイプでありながら、女性からとっても良くモテる男もいます。
 全体的に見れば、確かに「B」はモテて「A」はモテないという傾向はありますが、"例外"とは言えないほど多くの"Bなのにモテない・Aなのにモテる"という男が存在しているのです...

 つづきは、チビ・デブ・ハゲ・ブサイクなど容姿がさえない男のための、3つのモテる秘訣をご覧ください。


モテる男の3つの系統

モテる男の3つの系統イメージ画像
 女性から恋愛感情をもたれる男になるためには、「優秀な男」または「女性に快感を与えられる男」のどちらか(または両方)になることが必須条件だということです。

 しかし、快感系の特徴は多く持っているけど、優秀系の特徴が極めて少ない男の場合は、好意を持たれる・人気者になる・同性異性にかかわらず友達が多い、といったことはあっても、なかなか恋愛にまでは発展しないケースがしばしば見うけられます。

 やはり、優秀系の特徴を1つでも多く持つことが、恋愛をするうえで絶対的な必須事項なのかもしれません...



 つづきは、チビ・デブ・ハゲ・ブサイクなど容姿がさえない男のための、3つのモテる秘訣をご覧ください。


第一印象の大切さ

第一印象の大切さグラフ
 男女の出会いにおいて、それが恋愛にまで発展するかどうかを分ける最も重要なポイントの1つに「第一印象」というものがあります。第一印象は、出会った瞬間から、最初のわずか15秒で決まってしまうと言われています。

 たとえば、お見合いなどの場では、事前に相手に関するさまざまなデータを知ることができるので、あらかじめ優秀系の要素をどのくらい持っている人なのか分かったうえで会うことになります。

 優秀系の要素をそれなりに持っている男であれば、たとえ第一印象が少しぐらい悪かったとしても、会話を続けていくうちに挽回するチャンスは何度でも巡ってきます。

 しかし、事前に相手のデータを知ることができない日常的な出会いでは「データ抜きの第一印象」がとても重要になってきます。

...たった15秒です。

 身なりをキチンと整えておくことは当然として、あとは笑顔と...明るく元気な声と、それから...。

 何しろたった15秒です。そんなに短い時間では、コミュニケーション能力の高さとか、面白さとかやさしさとか、そういったものを伝えることはできません。ましてや学歴や勤務先や収入に関することなど、まったく相手に伝えようがありません。

(※もしも、出会った瞬間からイキナリ、自分の学歴や勤務先や収入のことを15秒以内で早口にしゃべり出したら、相手はビックリして呆気に取られてしまうでしょう。)

では、いったい何ができるというのでしょうか?

 その極めて重要な15秒のあいだに、第一印象を良くするためにどんな策を講じることができるでしょうか?

 ほとんど何もできません。せいぜい"笑顔"とか"明るく元気な声"とかを心がける程度で精一杯です。それ以外は普段のあなたがそのまま出てしまうでしょう。目線だとか仕草(しぐさ)だとか全体的な雰囲気だとか...

 つづきは、チビ・デブ・ハゲ・ブサイクなど容姿がさえない男のための、3つのモテる秘訣をご覧ください。


モテるチビとモテないチビの比率と、その理由

モテるチビとモテないチビの比率グラフ&モテるチビ、その理由グラフ
 チビ・デブ・ハゲなのに自信を持て? 顔がとてもブサイクなのに自信を持て? 非正社員でロクに人と会話もできないのに自信を持て? これまで女性からモテたことなんか一度もないのに自信を持て?...

そんな無茶な話はありません!

 誰かから「自信を持て!」と言われて、「ハイ分かりました。」で簡単に持てるのなら誰も苦労はしません。
 自信を持つためには、それ相応の"根拠"や"実績"などの裏付けが必ず必要であり、たとえばスポーツの世界で言えば、勝ち続ければ自信がつくし、負け続ければ自信を失うといった、そういったものが自信というものです。

 中には、チビ(低身長)というコンプレックスを"不退転の努力"へと転化して自分なりの自信を獲得し、見事にモテる男へと変身を遂げた人もいます。ですが、まだまだたくさんの方が「チビ=自信がない」の状態に甘んじているのが現状です。

 女性から一度もモテた経験がなく、その原因と思われる"チビ・デブ・ハゲ・ブサイク・非正社員"が改善されてもいないのに、いったい何を根拠に自信を持てば良いというのでしょうか?

「堂々としていれば良いんだよ。女性の前では、自信あり気な態度でふるまえば良いんだ。」

 という感じのアドバイスも聞いたことがあります。
 しかし、これは失敗する典型的なパターンです。

 女性の本能(優秀な男を求める本能)は非常に敏感です。そんな三文芝居は簡単に見抜かれてしまいます。一夜漬け・付け焼刃の自信など、そう簡単には通用しません。
 きっと女性の目(本能)には(自信のない男が虚勢を張って、自信がある"フリ"をしている姿)にしか見えていないはずです。

 つまり、自信がない人(=その分野において一度も自信を持った経験がない人)にとって本当に意味のあるアドバイスは、ただ"バカの一つ憶え"みたいに「自信を持て、もっと自信を持て!」とくり返すのではなく、どうすれば自信を持つことができるかを教えてあげること。そう、自信を持つ方法(=自信があるような雰囲気をつくる方法)を教えてあげることなのです...

 つづきは、チビ・デブ・ハゲ・ブサイクなど容姿がさえない男のための、3つのモテる秘訣をご覧ください。


人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -

トピックス

topics
恋愛感情の起源-生物学的見地
 そもそも恋愛格差というものは、今に始まったことではありません。古来から"モテる男性"と"モテない男性"は歴然と存在していました...
by.男って、絶対に浮気...より
「好き」の構成要素
 今回は好きという感情がどこからきて、何に由来し、何がその感情を引き起こす原因になっているのかについて考えてみたいと思います...
by.好きと嫌いの仕組みより
嫌われる人の特徴
 嫌われる人の特徴は、いい人であれば誰もが知っています。そして、いい人は、自分はそうならないようにいつも気をつけています。だから、一見、いい人は嫌われる人の特徴のどれにも当てはまりません...
by.いい人がモテない理由...より


メールマガジン登録

お名前(ハンドルネーム可)

メールアドレス


本の紹介

●蜜柑寮
〜キミを奪う天使とボクを救う悪魔〜

『蜜柑寮』 書籍画像1

■恋愛経験がなくて、勇気を出すこともできない人間が『最初に獲得するべき自信』とは?
■リアルな恋愛の第一歩すら踏み出せない人が行なうべき【その準備と初めの一歩】!

■著者:木下雄介
■オリジナル版:\1,750-
 〃 (PDF版:\1,400-)
■〃・解説付き:\1,950-
 〃 (PDF版:\1,560-)

※ご購入は販売方法について
※本の解説ページはこちら


ご意見・ご感想メール


広告サイト

ガリレオ占星術
 西洋占星術の新解釈〜ガリレオ占星術

広告募集