人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
好きと嫌いの心理学
http://pata.cocotte.jp

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト


※携帯サイトへ
イメージ画像 hisigata_blue004.gif

はじめの一歩を踏み出せない人のための
純粋恋愛理論
  〜心のブレーキの外し方から、恋愛成就の"究極奥義"まで〜

 巷(ちまた)にあふれる「恋愛マニュアル本」の多くが、とりわけ恋愛未経験者にとって全く役に立たない理由は、読者に対して"著者と同等のレベル"を前提として書いてしまっているからです。そこで私は、自分が恋愛未経験者だった頃恋愛初心者だった頃を思い出しながら、未経験者でも始められるリスクの少ない恋愛指南書を書きたいと思ったのです。


2.恋愛未経験者にも役に立つマニュアル本の不在

恋愛未経験者にも役に立つマニュアル本の不在
 例えば、巷(ちまた)にあふれる「恋愛マニュアル本」の中に、
「女性と二人でレストランに行ったときは、〇〇や△△をすると良い。」
といった内容が書かれていたとします。しかし、このテクニックは、完全な恋愛未経験者にとってはまったく使えません。

 なぜなら...そもそも"そんな状況になることがない"からです。女性と二人でレストランに行く、なんていう状況になることなんか、完全な恋愛未経験者にはあり得ないことだからです。

 だから、まずは、その状況まで持っていく方法を教えて欲しいんです。だけど、多くの「恋愛マニュアル本」には、そこの部分が省略されてしまっているわけです。

 例えば、「ナンパの成功率を上げるには、〇〇や△△が有効です。ただし、慣れるまでは失敗することもあるでしょう。度胸と忍耐力で乗り切ってください。」といった内容が書かれていたとします。これも完全な初心者にとっては酷な話になります。

 なぜなら...初心者だからこそ失敗が恐いんです。初心者だからこそ、度胸もなければ忍耐力もなく、とてもデリケートで傷つきやすい心を持っているからです。

 だから「1回目から絶対に失敗しない、成功率100%のナンパテクニック」を教えて欲しいんです。だけど、そういったことが謳(うた)われている「恋愛マニュアル」は、みんな"詐欺商材"だったりするんです。

 私の経験上、失敗しないナンパテクニックなど存在しません。というのも、声をかける女の子たちは、みんなそれぞれ「違う人間」だからです。それぞれ個性も違うし、性格も違うし、感じ方も違う「まったく違う人間」だからです。 女性特有の「一般的な思考パターン」をベースにした、「ソコソコ成功率の高いテクニック」であれば存在しますが、成功率100%は絶対に無理な話なのです。

 また、私だって、ちゃんと普通に「心を持った人間」ですから、ナンパで失敗すれば残念な気持ちにもなりますし、ときにはショックを受けたり、心が傷ついたりもします。失敗が続いたときなんかは「もうナンパなんて辞めてしまおう。」と思ったりもしました。

 そんなある日のこと、私は閃いた(ひらめいた)んです。「100%成功するナンパテクニック」は無理でも、「心が傷つかないで済むナンパテクニック」ならある...ということに。これは"テクニック"というよりも"心構え"に近いものなのですが、この事実を知るだけで、ナンパで失敗してもほとんど傷つくことがなくなったのです。

 その事実とは…

「女性にとって、ナンパに声をかけられることは、嬉しいことである。」

 です。

ナンパテクニック
 当然、ナンパが成功した場合(女の子がついてきた場合)は、相手も納得した上で遊ぶのですから、私たちナンパ師は「良いこと」をしたわけです。問題は、ナンパに失敗した場合(女の子に断られたり、シカとされた場合)です。 普通に考えれば、ナンパが失敗した場合は、相手が納得しなかったわけだし、私たちナンパ師は「相手が望まない提案」をしてしまったわけですから、あたかも「悪いこと」をしたような気になってしまいます。(この罪悪感によって、より深く傷つくわけです。)

 ですが、ナンパを断ったり、シカとして逃げてしまった女の子たちの多くは、後になってから(きっと、私が可愛いからナンパしてきたんだ。)とか(まだまだ私も、女として捨てたもんじゃないってことかな?)と考えて、声をかけてきたナンパ師に「女として認められた」喜びを感じていたりするのです。

 もちろん、中には本当に「鬱陶しい(うっとうしい)」と思ってシカとする女の子もいるでしょうが、たいだい8割から9割の女性は、たとえ断ったりシカとしたとしても、基本的にナンパに声をかけられたこと自体は嬉しいことなのです。

 つまり…

「私たちナンパ師は、成功・失敗にかかわらず、声をかけるだけで、ほとんどの女性に喜びを与えることができる。」

 とも言えるのです。

 要するに、ナンパに成功すれば、一緒に楽しんで「大成功」だし、ナンパに失敗しても、相手は後で喜んでいるという意味では「大成功」なわけで、つまり、声をかけるだけで「自分たちのナンパはすべて大成功である」と思えるようになったのです。

・ナンパに成功 → 一緒に楽しんで大成功
・ナンパに失敗 → 相手は喜んでいるので大成功
・つまり、声をかけるだけで、すべて大成功である。


 話を元に戻します。
 とにかく、まずは「女性と二人でレストランに行けるレベル」になってからでないと意味がないマニュアルだったり、「ナンパに失敗してもそうそう挫けたりしないレベル」になってからでないと役に立たないマニュアルだったりするのが、巷に溢れている「恋愛マニュアル本」の特徴なんです。

 そういったマニュアルを読める"前の段階"にいる、いわゆる"非モテ男子"たちが、世の中には大勢ひしめいているんです。

 例えば、いつも自宅と会社(学校)の往復のみの生活を送っていて、なかなかその日常から脱する機会も気力もなく、マレにチャンスっぽい出来事があっても、そういう時に限って体が動かず、いつも>当たり前のようにチャンスを見送るだけ、という人だったり…。
 例えば、とにかく自信がなくて、だから半分あきらめていて、だけど、どこかであきらめ切れない部分があり、いつもモンモンとしている人だったり…。

幸福感や快感が得られない
 正直、あきらめ切れないのは仕方がないと思います。だって、"恋愛=男女の交流"は"生物としての本能"なのですから。

 せっかく「性別のある生き物」として生まれてきて、対(つい)となる性(異性)と交流を持ち、交わることで幸福感や快感を得る能力が備わっているわけですから、その幸福感や快感が得られない、というのは非常にもったいないと思うし、とてもあきらめ切れるようなことではないと思うんです。

 現在、巷にあふれる「恋愛マニュアル本」を読むレベルにまで達していない「非モテ男子」たちが望んでいることは…

 けっして、何人もの女性を同時に囲い込めるほどの"超モテモテ男子"になりたいってわけじゃないですよね?(もちろん、そこまでなれたら万々歳かもしれませんが。)

 とりあえず、まずは一人...いやっ、真剣につき合える恋人が一人いれば充分だと思っている人が大半なんじゃないかと思うんです。(少なくても、私=筆者はそうでしたよ。)

 つまり、現在、巷にあふれる「恋愛マニュアル本」を読むレベルにまで達していない「非モテ男子」たちに必要なものは…けっして、どんな女性でも自由自在に口説き落とせる"万能テクニック"じゃあないんです。(実際、そんなものは存在しません。) とりあえず、単調な日常の中に「チャンスを見出す力」と、その「チャンスを"モノ"にする力」なんじゃないかと思うんです。


不必要なもの = どんな女性でも、好きなときに好きなだけ口説き落とせる「万能テクニック
(…そんなものは存在しません。)
必要なもの = 「チャンスを見出す力」と「チャンスを"モノ"にする力
…実際、これだけあれば充分なんです。


 単調な日常の中でその気力すらない人には「チャンスを"モノ"にする力」が欠けています。自分に自信がない人には「チャンスを見出す力」と「チャンスを"モノ"にする力」の両方が足りていません。

 だから私は、そんな人にこそ読んで欲しいマニュアル本を書きたいんです。そして、将来的には、日本にいるすべての男女が「充実した恋愛」ができる世の中にしたいんです

そんな思いで、今回、一冊のマニュアル本を書いてみました。『純粋恋愛理論』では、私(=著者)の実体験をもとに、自分自身を「完全"非"リア充」の状態から「満ち足りたリア充」になるためのポイントを数多くまとめたつもりです。

※書籍『純粋恋愛理論』に興味をもたれた方は新刊本・書籍コーナーもご覧ください。
※ご購入を希望される方は販売方法について


前のページ1234567次のページ

人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -

トピックス

topics
「好き」の構成要素
 今回は好きという感情がどこからきて、何に由来し、何がその感情を引き起こす原因になっているのかについて考えてみたいと思います...
by.好きと嫌いの心理学より


メールマガジン登録

お名前(ハンドルネーム可)

メールアドレス


本の紹介

●純粋恋愛理論〔上〕
〜心のブレーキの外し方から、恋愛成就の"究極奥義"まで〜

『純粋恋愛理論〔上〕』 書籍画像1

■恋愛未経験で、はじめの一歩を踏み出せない人が (告白を成功させたい!)...と思うのであれば、まずは、自分自身のコンディションを「恋愛可能な状態」に持っていく必要があります。
■著者:木下雄介
■PDF版:\1,950-)
■書籍(紙の本):\2,450-
(※書籍はただいま準備中です。)

※ご購入は販売方法について
※本の解説ページはこちら

●蜜柑寮
〜キミを奪う天使とボクを救う悪魔〜

『蜜柑寮』 書籍画像1

■恋愛経験がなくて、勇気を出すこともできない人間が『最初に獲得するべき自信』とは?
■リアルな恋愛の第一歩すら踏み出せない人が行なうべき【その準備と初めの一歩】!

■著者:木下雄介
■オリジナル版:\1,750-
 〃 (PDF版:\1,400-)
■〃・解説付き:\1,950-
 〃 (PDF版:\1,560-)

※ご購入は販売方法について
※本の解説ページはこちら


ご意見・ご感想メール


広告サイト

ガリレオ占星術
 西洋占星術の新解釈〜ガリレオ占星術

広告募集