∴∵∴♂∵♀∴∵∴
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle -
∴∵∴∞∵∝∴∵∴
・PCサイトはこちら


★〜いい人が、いい人のまま恋人をつくる「逆転の恋愛法則」とは?〜『こっそり ひそかに 恋人づくり』PCサイトにて絶賛発売中!★
退化することなんてできない!(メルマガサンプル)
 インターネットやブログなどで「お悩み相談」のコーナーなどを見ていると、「"いい人"から脱却するには、どうすれば良いですか?」という悩みを持っている男性が非常に多いのが目に止まります。回答には、実にさまざまなものが寄せられますが、それらのほとんどは正解です。
 ですが、その正解のアドバイスの大半が意味のないアドバイスまたは実行不可能なアドバイスになってしまっているのが残念でなりません。本当の意味での悩みの解決にはつながらないものばかりなのです...


★リトル・リッフル

2010年5月10日
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle -

1.退化することなんてできない!

インターネットやブログなどで「お悩み相談」のコーナーなどを見ていると、 「"いい人"から脱却するには、どうすれば良いですか?」 といった悩みを抱えている男性が非常に多いのが目に止まります。

そういった"いい人"関連の悩みに対する回答には、実にさまざまなものが寄せられます。
そして、それらのほとんどは「正解」です。 さすが、皆さんよく分かってらっしゃる。
きっと、回答者さんの身の回りに実際にいる"いい人"のことを思い浮かべながら回答したのだろうと思います。 ですが、その「正解のアドバイス」の大半が「意味のないアドバイス」または「実行不可能なアドバイス」になってしまっているのが非常に残念でなりません。
本当の意味での「悩みの解決」にはつながらないものばかりなのです。

その代表的な回答として、以下のようなアドバイスがあげられます。

@.もっとワガママになると良い。
A.もっと強引になった方が良い。
B.欠点がないと面白味がない。
C.自分というものを持った方が良い。自分の気持ちに正直になれ。
D.男としての魅力がないから。
E.いつかは、そんなあなたを好きになってくれる女性が見つかるはず。
F.などなど。

日本人の価値観には、中国発祥の「儒教思想」が深く根付いています。周囲の人との協調性を重んじ、他人への思いやりややさしさや敬意、仁愛の心を持つことが大切だと教えられて育ちます。たとえ「儒教」について詳しくなくても、そうやって育てられ、そういった価値観を大切にする社会環境の中で成長してきたのです。そして、その環境に素直に順応してきたのが"いい人"なのです。これはある意味、日本人として理想的な成長過程を踏んできた結果でもあるのです。

@〜B番までは「実行不可能なアドバイス」です。
せっかく理想的な成長を遂げて、いわゆる「好青年」になったというのに、今さら「ワガママになれ」とはいったいどういうことなのでしょうか? 他人に対して「強引な態度を取る」なんて、それこそ協調性に反する行為なわけだし、「欠点」なんかワザワザ無理をして作るようなものじゃありません。
すでに他人への思いやりややさしさや敬意を持ち、つねに協調性のある行動を自然にできるまで成長した"いい人"が、他人に対してワガママをぶつけたり、強引な態度で接するような人間へと「退化」するのは不可能なのです。

人は、「進化」することならできます。ワガママだった人や強引な態度で協調性のない人が、自分の未熟さに気づいて反省し、"いい人"へと進化することは可能です。これは良くある話です。

「退化」する例としては、何らかの事件や事故に巻き込まれたり、人に裏切られて大切なものを失って心が傷つき、世の中を恨んで自ら「魔王の心」を宿すような場合です。これは「物語」の中では良く聞く話です。現実世界では、非常にマレな話です。

それでも「どうしても」というのであれば、もう「演技」するしかありません。ワガママな演技、強引な態度の演技をするのです。演技であれば、好きな欠点を自由に幾つでも作れます。

かつて"いい人"で悩んだ経験のある私(担当者)も、実際にこの「演技」というものをやったことがあります。上手に演技することで、それで本当に恋人が出来ました! ハッキリ言って効果抜群です。

しかし...しょせん演技は演技です。すぐにボロが出てきます。
下手くそな三文芝居は簡単に見破られてしまいます。つき合い始めて2ヶ月もしないうちに、本当は"いい人"だということがバレてしまい、「どうして好きになったのか分からなくなった。」とか「なんか"違う"と思ったから。」とか言われてフラれてしまうのです。

(よし、ならば!)と思って、つき合い始めたあとも決して油断せず、「演技」を自分の行動パターンとしてシッカリと定着させる努力をしました。おかげで、そのときの恋人とは約2年もの長続きをさせることに成功するのですが...最終的には「最悪の結末」を迎えてしまいました。
(ここではその話は省略します。知りたい方は→『こっそり ひそかに 恋人づくり』※パソコンサイトです。)

結論として、「演技」はダメです。絶対に止めておいた方が良いです。ロクなことになりません。

C〜E番までは「意味のないアドバイス」です。
「自分というものを持った方がよい」というアドバイスは失礼です。"いい人"は自分というものをシッカリと持っています。(協調性が強いために、そう見えないことがあるだけです。)そもそも、自分というものを持っていない人には協調性を発揮することはできません。「自分の気持ちに正直になれ」と言われても、その正直になった結果としての"いい人"なのです。協調性を持つこと、他人に思いやりを示すこと、無理をしてやっているのではなく、自分が本心からそうしたいと思ってやっているのです。

「男としての魅力がないから」とは...実もフタもないですね。だからそれを知りたくて相談しているんです。「いつかは、見つかるはず。」...それまでひたすら待てと?

回答者さんの方々にも、決して悪気があるわけじゃないと思います。それどころか、相談者さんの苦しみを汲み取って、何か共感するものがあって「何かお役に立てれば」と思って投稿してくれているのは伝わってきます。ただ、上記のような回答をする方々は、根本が分かっていないのです。問題の本質が、もっともっと深いところにあるのが分かっていないのです。

上記の他にも、以下のような回答がありました。

G.女性の名前を呼ぶときに、「さん付け」や「ちゃん付け」ではなく「呼び捨て」にすると良い。
H."いい人"から脱却するよりも、もっともっと相手に対する思いやりを持つことが大切です。

G番は確かに使えそうです。私も、意識してやっていたわけではないのですが、そう言われてみれば過去において「ちゃん付け」で呼んでいた恋人よりも「呼び捨て」で呼んでいた恋人との恋愛の方が、盛り上がるか長く続いた憶えがあります。(実は、これには根拠があります。別のテーマのときに話そうと思います。)
この回答者さんは、実際にご自身が"いい人"で悩んだ経験をお持ちで、今もその状況を少しずつ打破している途中だということでした。さすがに、経験者のアドバイスは違います。この「呼び捨て作戦」だけでも、最初の第一歩ぐらいは踏み出せると思います。

H番はとても惜しいです。回答者さんが、どのくらいの深い認識で回答されたのか分かりませんが、方向性としては正解です。一見(すでに相手のことを思いやっているよ。だから"いい人"だと思われているんだし...。)という反対意見も出てきそうですが、実は「相手に対する思いやり」には幾つかのレベルがあるんです。
回答者さんが言いたいのは、あなたの「思いやり」レベルをワンランク上げてください、ということかもしれません。

今日はここまでです。

▼次回予告:"いい人"が恋人をつくるための2つの方法
▽次々回予告:"いい人"の三変化(さんへんげ)


→続き
≡次項≡
"いい人"が恋人をつくるための2つの方法


更新情報
恋愛感情の起源(生物学的な見地)
「好き」の構成要素
努力では押え切れないモノ
マリー・アントワネットの本性
メインコンテンツ
好きと嫌いの仕組み
真のいい人とは?
歴史とおとぎ話から読み解く人間性や恋愛事情
男って、絶対に浮気するじゃん!...の真相
退化することなんてできない!(メルマガサンプル)
企業情報/他
会社概要
トップページ
・PCホームページアドレス
http://pata.cocotte.jp
※携帯版ではコンテンツの一部しかご覧になれません。全てのコンテンツをご覧になるにはPCをご利用ください。
Copyright(C) 2009
by Little Riffle.