∴∵∴♂∵♀∴∵∴
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle -
∴∵∴∞∵∝∴∵∴
・PCサイトはこちら


★〜いい人が、いい人のまま恋人をつくる「逆転の恋愛法則」とは?〜『こっそり ひそかに 恋人づくり』PCサイトにて絶賛発売中!★
好きと嫌いの仕組み
 好きって何だろう?好きという感情はどこから来るのだろう?嫌いって何だろう?嫌いという感情はどこから来るのだろう?「好きと嫌いに理由はない」...なんて言わないで、何故それが好きなのか?何故それが嫌いなのか?その原因と理由を考えてみると、いろいろと面白いことが見えてくるんです。

1.オトナになるってどういうこと?

「好き」と「嫌い」について話を始める前に、まずは最初に"オトナになるとはどういうことなのか?"について考えてみたいと思います。本当の意味で"オトナになる"とは、いったいどういうことなのでしょうか?

 あなたが「オトナになったと感じた瞬間はどんなとき?」という質問をすると...

・初めてお酒を飲んだとき。
・就職して、初めて給料をもらったとき。
・初めて恋人が出来たとき。
・免許をとって、初めて車の運転をしたとき。
・20歳になったとき。

...などなど、いろいろな答えが返ってきます。

 確かに"なるほど"とは思いますが、これらは全て外的な要因によるものであって、本当の意味でオトナになった瞬間とは言えないのではないかと私たちは考えます。
 それよりも何か、もっと内的な要因としてオトナの基準を設けることは出来ないだろうか?

 そう考えて出てきた結論は、以下のようなことでした。

自分の行動を決めるときに"好きか嫌いか"だけでなく、それとは違う"何か別の基準"にもとづいて決めるようになったとき。

 子どもが何かを選択する基準は、単純にそれが好きか・嫌いかだけです。
 好きなことであればやるし、嫌いなことであればやらない。2つまたは多くの中から選ぶときも、その中からいちばん好きなものを選びます。

(何故それが好きなのか? 何故それが嫌いなのか?)

 好きと嫌いには、何らかの理由なり原因なりが必ずあります。にもかかわらず、子どもはそれほど深く考えずに好きと嫌いを瞬時に判断しています。ほとんどの場合、キレイなものやカッコイイものなど、直接的に自分を快適な気持ちにさせてくれるものを選びます。

→続き
≡次項≡
2.まず最初に起こる変化


更新情報
恋愛感情の起源(生物学的な見地)
「好き」の構成要素
努力では押え切れないモノ
マリー・アントワネットの本性
メインコンテンツ
好きと嫌いの仕組み
真のいい人とは?
歴史とおとぎ話から読み解く人間性や恋愛事情
男って、絶対に浮気するじゃん!...の真相
退化することなんてできない!(メルマガサンプル)
企業情報/他
会社概要
トップページ
・PCホームページアドレス
http://pata.cocotte.jp
※携帯版ではコンテンツの一部しかご覧になれません。全てのコンテンツをご覧になるにはPCをご利用ください。
Copyright(C) 2009
by Little Riffle.