∴∵∴♂∵♀∴∵∴
人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle -
∴∵∴∞∵∝∴∵∴
・PCサイトはこちら


★〜いい人が、いい人のまま恋人をつくる「逆転の恋愛法則」とは?〜『こっそり ひそかに 恋人づくり』PCサイトにて絶賛発売中!★
好きと嫌いの仕組み
4.「好き」の構成要素

 今回は好きという感情がどこからきて、何に由来し、何がその感情を引き起こす原因になっているのかについて考えてみたいと思います。
 たとえば..."食べ物の好き嫌い"というと少々ちがう話になってしまうのですが、本来であれば人間には、身体が欲している(=欠乏している)栄養素を多く含んでいる食べ物を好む本能的欲求があります。

 たとえば、身体や頭を酷使するような仕事をしている人は、脂肪分や糖分などが含まれるカロリーの高い食べ物を好みます。また、胃腸など消化器系に病気を持っていたり不調を感じている人は、食物繊維や乳酸菌など消化の働きを助ける成分が含まれる食べ物を好みます。

 同じように、タンパク質が不足している人はタンパク質を多く含む食べ物、塩分が不足している人は塩辛い食べ物、水分が不足している人は水っぽい食べ物を好むのが、本来の本能的欲求です。

(※現代の日本では、食べ物の選択肢が豊富にありすぎることや、文明の発達によって極めて暮らしやすい環境が整っているために、個人の趣味・趣向・その他諸事情により偏った食生活になることが多いですが。)

「好き」という感情をもたらす要素は、これら食べ物への欲求と同じことが言えます。
 つまり、その人によって必要なものであるかどうか、得なものであるかどうかが、「好き」と「嫌い」を分ける決め手になっているのです。

 これまでの話を整理すると、

≪幼少期からずっと「好き」なもの(こと)≫
・カッコイイものやキレイなもの
・自分を快適な気分にさせてくれるもの(こと)

≪大人になってから「好き」になるもの(こと)≫
・自分にとって得なもの(こと)
・自分にとって正しいもの(こと)
・自分にとって必要なもの(こと)

≪人によって大人になってから「好き」になるもの(こと)≫
・みんなにとって得なもの(こと)
・みんなにとって正しいもの(こと)
・みんなにとって必要なもの(こと)

 ちなみに、正しいもの(こと)に関しては、あくまでも自分の正義感を満たして、快適な気分にさせてくれるもの(こと)としての欲求です。正義感の少ない人や全くない人にとっては無意味なことに感じるでしょう。

 お気づきだと思いますが、上記で"人によって"と書いている部分があります。
 普通に考えると、自分勝手な人やわがままな人や協調性のない人など、いわゆる"嫌われ者や犯罪者"などが除外されるのだろうと思われがちですが、そんなに単純な話ではありません。

 もしかしたら、世の中のほとんど全ての人が除外されてしまうことかもしれないのです。
 前出の『3.短期的視野から長期的視野へ』で触れたときは、あくまでも"選択の基準"としての話であって「好きか嫌いか」の話ではありませんでした。(本当は嫌いだけど、選択の基準としてはこっちを選ばざる負えない...)といったことも含まれていたのです。

 つまり、自分勝手な人やわがままの人や協調性のない人だけでなく、世の中のほとんど全ての人が「本当はイヤだけど、今はこっちを選んでおこう。」という選択をする可能性があるということです。

また、"人によって"の部分を"時と場合によって"と置きかえることもできます。

@.個人が賛同する社会的見解
  みんなにとっても好ましいもの(こと)だし、自分にとっても好きなもの(こと)である
A.個人が賛同しない社会的見解
  みんなにとっては好ましいもの(こと)だけど、自分にとっては好きなもの(こと)ではない

 つまり、これら両方のケースが日常的に起こっているわけです。
 @番であれば問題ありませんが、A番のときに個人がどう対処するのかによって、その人への周囲の評価が変わってきます。

…社会的見解への対応…
B.個人が賛同しない社会的見解の場合でも、自分は同意して従う。
C.個人が賛同しない社会的見解の場合は、自分は同意しないし、従わない。

 時と場合にもよりますが、いつもいつもC番の人は"わがまま"とか"自分勝手"とか"マイペース"とか言われて、扱いにくい人と思われてしまうでしょう。
 逆に、いつもいつもB番の人は"素直"とか"モノ分かりが良い"とか"大人の対応"とか言われて、扱いやすい人と思われるでしょう。

 会社内など公共の場では、基本的にB番の姿勢をとっておくのがベストとは思いますが、プライベートな対人関係では、B番とC番のバランスを上手にとっていくのが良いでしょう。
(いつもいつもB番だと"ただのいい人"と思われてしまうので...)

≡次回予告≡
5.「嫌い」の構成要素


更新情報
恋愛感情の起源(生物学的な見地)
「好き」の構成要素
努力では押え切れないモノ
マリー・アントワネットの本性
メインコンテンツ
好きと嫌いの仕組み
真のいい人とは?
歴史とおとぎ話から読み解く人間性や恋愛事情
男って、絶対に浮気するじゃん!...の真相
退化することなんてできない!(メルマガサンプル)
企業情報/他
会社概要
トップページ
・PCホームページアドレス
http://pata.cocotte.jp
※携帯版ではコンテンツの一部しかご覧になれません。全てのコンテンツをご覧になるにはPCをご利用ください。
Copyright(C) 2009
by Little Riffle.