人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
好きと嫌いの心理学
http://pata.cocotte.jp

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト


※携帯サイトへ
イメージ画像 hisigata_blue004.gif

はじめの一歩を踏み出せない人のための
純粋恋愛理論
  〜心のブレーキの外し方から、恋愛成就の"究極奥義"まで〜

 巷(ちまた)ではよく「小さな成功体験を積み重ねていくと良い」と言われます。なぜかと言えば、いきなり大きな目標を立ててしまうと、途中で挫折してしまうから…という話です。 ですが、私はちょっと違う考え方を持っています。「小さな成功体験で良い」と言う人は、結果によって得られる自信にしか着目していません。その中には「大きな成功体験」を得ようとするときに必要な「自分をコントロールする力=自律心」を持つことによって得られる効果は含まれていないのです。


3.小さな成功体験よりも大きな成功体験

 2010年7月から10月までテレビ東京で放送されていたドラマ『モテキ』。 このドラマ、単純に娯楽として見るというよりは、(どうすれば自分にも"モテ期"がくるだろうか? 何か参考になればいいんだけど...)なんて期待をして見始めた視聴者も大勢いたんじゃないかと思います。

小さな成功体験よりも大きな成功体験
 しかし、まずは、主人公役が森山未來さんの時点で(やっぱり自分とは違う。まあ、これだったらモテてもおかしくないか…)とあきらめの色が出始め、全体のストーリーを見ても、モテ期がやってきた理由についての描写は、これといって見あたりません。

 モテ期がやってきたのは、すべて"ただの偶然"であるかのような物語になっています。

 強いて言えば、唯一、モテ期がやってきた理由として考えられるのは、当初の「だらしないデブ男」の状態から、本気のダイエットによって大幅に「スリムな男」に変身したことぐらいでしょうか。

 そもそもがフィクションなので、こんなに真剣に語っても意味がないのかもしれませんが、フィクションとはいえ、原作者は誰かの実体験を参考にしたり、人間心理に矛盾がないよう熟考して作っているはずです。

 テレビドラマ『モテキ』を見ていて、主人公にモテ期がやってきた理由が、私にはハッキリと分かりました。
 あのダイエットは、単なる"痩せるためのダイエット"ではないんです。少しでも"見栄えをマシにするためのダイエット"ではないんです。体型を変える(脱・だらしないデブ男)の効果以外にも、さまざまな効果をもたらした素晴らしいダイエットだったんです。まさしく「変身」だったんです。

 主人公は、ほんの数か月の間に確実に結果を出しています
 大好きなカロリー高めの食事を断ち、毎日欠かさずジョギングで汗をかいて、目標に向かって、けっして妥協を許しませんでした。 つまり、己(おのれ)が持てる忍耐力と精神力をフルに発揮して、確実に目標を達成させたわけです。

 これは、彼(主人公)自身にとってとても大きなことだったはずです。
 ただ単純に体型が良くなっただけでなく、自律心を養い、大きな成功体験を味わったことで「大きな自信」が生まれたはずです。

どういう自信かと言うと、

  1. 自分だって本気になれば目標を達成できる。
  2. 自分の意志で自分自身をコントロールできる。

 この2つの自信を得たのは、とっても大きかったはずです。
 その結果、自信がない人の特徴でもある「(相手や周囲から)自分がどう見られているか気になる」という状態から、自信がある人の特徴の一つ「自分が周囲や相手を見る」という心理状態に移行したのです。相手(相手の今の気持ちや状況)を良く見る観察眼は、コミュニケーションにおいてとっても重要なスキルの一つなんです。

『モテキ』の主人公は、ダイエットによって「人に見られても恥ずかしくない体型」を手に入れただけでなく、"自信"と"コミュニケーション能力"の2つを同時に手に入れることに成功したのです。

  • 相手や周囲からどう見られているか気になる。(自信がない人の特徴)
  • 大きな目標を達成する。
  • 自分の意志で自分自身をコントロールできた自信が得られる。
  • 「自分が周囲や相手を見る」という心理状態へ移行する。(自信がある人の特徴)
  • 高いコミュニケーション能力を手に入れる。

 巷(ちまた)ではよく「小さな成功体験」を積み重ねていくと良いと言われます。なぜ「大きな成功体験」ではなく「小さな成功体験」なのかと言えば、いきなり大きな目標を立ててしまうと、途中で挫折してしまうから…という話です。

自分をコントロールする力=自律心
 ですが、私はちょっと違う考えを持っています。
 ある程度「大きな成功体験」でなければ、あまり意味が無いのではないかと思うのです。

「小さな成功体験で良い」と言う人は、結果によって得られる自信にしか着目していません。その中には「大きな成功体験」を得ようとするときに必要な「自分をコントロールする力=自律心」を持つことによって得られる効果は含まれていません。

 しかし、最初から「大きな成功体験」を得ようとすれば、どうしても「確固とした自律心」が必要になってきます。つまり、大きな成功体験を得ることによって「自分自身をコントロールできる」という自信も同時に獲得できるわけです。

 また、この「自分自身をコントロールできる」という自信を得ることができれば、あまり結果にこだわる必要もなくなります。


「大きな成功体験」を得ようとして「自分自身をコントロールできる」という自律心を養えば、結果の良し悪しにかかわらず、それだけで充分に自信を獲得することができる。

 言い換えれば、成功しようが失敗しようが関係ないということです。「大きな成功体験に向けて"本気で"チャレンジするだけで良い」ということです。本気で取り組む以上、努力忍耐勇気など、自分自身をコントロールするための"自律心"が必要になります。そして、この自律心を発揮すること自体が、自分の心に充分に自信をもたらしてくれるのです。

 つまり、意を決して「大きな成功体験」にチャレンジして、たとえ結果がかんばしくなかったとしても、それまでに一生懸命に努力した(=自律心を発揮して自分自身をコントロールした)という実感があれば、それだけでも充分に自信を得ることが可能なのです。

もともとは"恋愛未経験のさえない(と自覚している)男"だった私(=著者)が自信タップリな人間に変身できた経緯も、結局は"これ"(=大きな成功体験を得ようとして"強固な自律心を獲得した"こと)が大きかったです。『純粋恋愛理論』では、そんな私の実体験をもとに、"これ"以外の自信を着実に身につけるための"さまざまな"方法をまとめています。

※書籍『純粋恋愛理論』に興味をもたれた方は新刊本・書籍コーナーもご覧ください。
※ご購入を希望される方は販売方法について


前のページ1234567次のページ

人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -

トピックス

topics
「好き」の構成要素
 今回は好きという感情がどこからきて、何に由来し、何がその感情を引き起こす原因になっているのかについて考えてみたいと思います...
by.好きと嫌いの心理学より


メールマガジン登録

お名前(ハンドルネーム可)

メールアドレス


本の紹介

●純粋恋愛理論〔上〕
〜心のブレーキの外し方から、恋愛成就の"究極奥義"まで〜

『純粋恋愛理論〔上〕』 書籍画像1

■恋愛未経験で、はじめの一歩を踏み出せない人が (告白を成功させたい!)...と思うのであれば、まずは、自分自身のコンディションを「恋愛可能な状態」に持っていく必要があります。
■著者:木下雄介
■PDF版:\1,950-)
■書籍(紙の本):\2,450-
(※書籍はただいま準備中です。)

※ご購入は販売方法について
※本の解説ページはこちら

●蜜柑寮
〜キミを奪う天使とボクを救う悪魔〜

『蜜柑寮』 書籍画像1

■恋愛経験がなくて、勇気を出すこともできない人間が『最初に獲得するべき自信』とは?
■リアルな恋愛の第一歩すら踏み出せない人が行なうべき【その準備と初めの一歩】!

■著者:木下雄介
■オリジナル版:\1,750-
 〃 (PDF版:\1,400-)
■〃・解説付き:\1,950-
 〃 (PDF版:\1,560-)

※ご購入は販売方法について
※本の解説ページはこちら


ご意見・ご感想メール


広告サイト

ガリレオ占星術
 西洋占星術の新解釈〜ガリレオ占星術

広告募集