人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
好きと嫌いの仕組み
http://pata.cocotte.jp

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト


※携帯サイトへ
イメージ画像 hisigata_blue004.gif

好きと嫌いの仕組み

好き」という気持ちはどこから来るのだろう?「嫌い」という気持ちはどこから来るのだろう?
「好きと嫌いに理由はない。」なんて言う人もいるけど、何かを好きになるには必ず理由があります。嫌いになるのにも必ず理由があります。それは、人間関係や恋愛についてもまったく同じことなのです。


1.オトナになるってどういうこと?

好きと嫌い」について話を始める前に、まずは最初に「オトナになるとはどういうことなのか?」について考えてみたいと思います。 本当の意味で「オトナになる」とは、いったいどういうことなのでしょうか?

イメージ画像049
 あなたが「オトナになった」と感じた瞬間はどんなとき? という質問をすると...

  • 初めてお酒を飲んだとき。
  • 就職して、初めて給料をもらったとき。
  • 初めて恋人が出来たとき。
  • 免許をとって、初めて車の運転をしたとき。
  • 20歳になったとき。
    ...などなど。

いろいろな答えが返ってきます。
 確かに(なるほど)とは思いますが、これらは全て外的な要因によるものであって、本当の意味で「オトナになった」瞬間とは言えないのではないかと私たちは考えます。

 それよりも何か、もっと内的な要因としてオトナの基準を設けることは出来ないだろうか...?
 そう考えて出てきた結論は、以下のようなことでした。

・自分の行動を決めるときに、"好きか嫌いか"だけでなく、それとは違う何か別の基準にもとづいて決めるようになったとき。

 子どもが何かを選択する基準は、単純にそれが好きか・嫌いかだけです。
 "好きなこと"ならやるし、"嫌いなこと"ならやらない。2つまたは多くの中から選ぶときも、その中からいちばん好きなものを選びます。

(何故それが好きなのか? 何故それが嫌いなのか?)

 好きと嫌いには、何らかの理由なり原因なりが必ずあります。
 にもかかわらず、子どもはそれほど深く考えずに"好きと嫌い"を瞬時に判断しています。ほとんどの場合、"キレイ"なものや"カッコイイ"ものなど、直接的に自分を快適な気持ちにさせてくれるものを選びます。

つづく

2.まず最初に起こる変化

 生まれてから3〜4歳ごろまでは、四六時中いつも母親(または父親・両親・祖父母などの大人)といっしょに過ごします。
 常に自分を保護してくれる人といっしょにいるので、「好きか嫌いか」の基準で選択しても何の問題も起こりません。仮に、好きなものを選んだ結果、自分に何らかの不利益が生じたとしても、大人が必ずフォローしてくれるからです。

 しかし、4〜5歳になって幼稚園や保育園などに入園すると、そうはいかなくなります。「好きか嫌いか」だけで物事を判断して何らかの不都合が生じても、自分を保護してくれる人が近くにいない場合があるからです。

イメージ画像063
 精神面の成長が早い子であれば、ここで次の段階に移行します。精神面の成長が遅い子であっても、通常は小学校低学年ぐらいまでには次の段階に移行します。
 何かを選択する基準に、最初の変化が起こるのです。
 子どもからオトナへの成長過程で、まず最初に起こる変化は、これまでのような「好きか嫌いか」だけではなく、

  • 損か得か
  • 正しいか正しくないか
  • 必要か必要でないか

など、「好きか嫌いか」だけでなく、いくつか他の点も考慮した上で自分の行動を決めるようになるのです。

 たとえキレイなものやカッコイイものであっても、損をしてしまうものであったり、正しくないものであったり、必要のないものであれば、簡単にはそれを選ばないようになります。逆に、たとえキレイでないものやカッコ良くもないものであっても、得をするもの・正しいもの・必要なものであれば、それを選ぶようになります。

 ただし、この時点での判断基準は「自分にとってどうなのか?」であり、あくまでも個人的な事情であって、社会的な事情はいっさい含まれていません

つづく

3.短期的視野から長期的視野へ

 幼稚園から小学校へ、小学校から中学校へ、中学校から高校へと進むにつれて、人はだんだんオトナになっていきます。

イメージ画像050
 中には、身体だけオトナになって精神的にはいつまでも子ども、という人もいます。
 彼らの最大の特徴は、物事を判断するときに「自分にとってどうなのか?」といった個人的な事情だけで決める傾向が、いつまでも強いことです。

  • 自分にとって損か得か
  • 自分の考えで正しいか正しくないか
  • 自分にとって必要か必要でないか

 しかし、ほとんどの人は身体の成長にともなって精神面も成長していきます。そして、個人的な事情だけでなく社会的な事情で物事を判断するようになっていきます。

 つまり、「自分にとってどうなのか?」だけでなく「(自分を含めた)みんなにとってどうなのか?」といった基準で物事を判断するようになっていくということです。

・自分にとって損か得か→・みんなにとって損か得か
・自分の考えで正しいか正しくないか→・みんなの考えとして正しいか正しくないか
・自分にとって必要か必要でないか→・みんなにとって必要か必要でないか

 「みんなとって」とか「みんなの考えとして」とか、まるで"キレイ事"のように感じるかもしれませんが、ここでいう「個人的な事情」や「社会的な事情」は、次のような言葉に置き換えることもできます。

個人的な事情→・短期的な視野
社会的な事情→・長期的な視野

 学校という集団生活の場では、何よりも周囲との協調性が求められます。そんな中で、個人的な事情ばかり優先していると、周囲から嫌われる原因になります。周囲から嫌われてしまうと、当然のように自分に不利益な事態を招いてしまいます。

今は、我慢をして周囲に合わせておいた方が、後々の自分のためにも良いだろう。

 つまり、社会的な事情とは"長期的視野で見た個人的な事情"という側面もあるのです。

 もちろん、この「社会的な事情=(イコール)長期的視野」という考え方には、その他いろいろと複雑な要素も入ってきます。上記のように後々の自分のために協調性を持つ場合もあれば、「それが正しいことだから」という正義感を満足させるために協調性を発揮する場合もあります。

 また、誰か(たとえば、大切な人や好きな人)のために協調性を発揮することもあり、(そうすることで、その誰か嫌われない自分を維持する)という目的が、無意識の中に存在している場合もあります。

 そして、学校を卒業して社会に出ると、これらの傾向はドンドン顕著になっていきます。

つづく

4.「好き」の構成要素

 今回は、好きという感情がどこからきて、何に由来し、何がその感情を引き起こす要因になっているのかについて考えてみたいと思います。
 たとえば..."食べ物の好き嫌い"というと少々ちがう話になってしまうのですが、本来であれば人間には、身体が欲している(=欠乏している)栄養素を多く含んだ食べ物を求める本能的欲求があります。

イメージ画像114
 たとえば、身体や頭を酷使するような仕事をしている人は、脂肪分や糖分などが含まれるカロリーの高い食べ物を好みます。
 また、胃腸など消化器系に病気を持っていたり不調を感じている人は、食物繊維や乳酸菌など消化の働きを助ける成分が含まれる食べ物を好みます。

 同じように、タンパク質が不足している人はタンパク質を多く含む食べ物、塩分が不足している人は塩辛い食べ物、水分が不足している人は水っぽい食べ物を好むのが、本来の本能的欲求です。
(※現代の日本では、食べ物の選択肢が豊富にありすぎることや、文明の発達によって極めて暮らしやすい環境が整っているために、個人の趣味・趣向・その他諸事情により偏った食生活になることが多くなっています。)

 好きという感情をもたらす要素は、これら食べ物への欲求と同じことが言えます。
 つまり、その人によって必要であるかどうか得であるかどうかが、好きと嫌いを分ける決め手になっているのです。

 これまでの話を整理すると、

≪幼少期からずっと「好き」なもの(こと)≫
  • カッコイイものやキレイなもの
  • 自分を快適な気分にさせてくれるもの(こと)

≪大人になってから「好き」になるもの(こと)≫
  • 自分にとってなもの(こと)
  • 自分にとって正しいもの(こと)
  • 自分にとって必要なもの(こと)

≪人によって大人になってから「好き」になるもの(こと)≫
  • みんなにとってなもの(こと)
  • みんなにとって正しいもの(こと)
  • みんなにとって必要なもの(こと)

 ちなみに、正しいもの(こと)に関しては、あくまでも自分の正義感を満たして、快適な気分にさせてくれるもの(こと)としての欲求です。"正義感の少ない人"や"全くない人"にとっては無意味に感じるでしょう。

 お気づきだと思いますが、上記で"人によって"と書いている部分があります。

イメージ画像077
 普通に考えると、自分勝手な人やわがままな人や協調性のない人など、いわゆる"嫌われ者や犯罪者"などが除外されるのだろう、と思われがちですが、そんなに単純な話ではありません。

 もしかしたら、世の中のほとんど全ての人が除外されてしまうことかもしれないのです。

 前出の『3.短期的視野から長期的視野へ』で触れたときは、あくまでも"選択の基準"としての話であって「好きか嫌いか」の話ではありませんでした。(本当は嫌いだけど、選択の基準としてはこっちを選ばざる負えない...)といったことも含まれていました。

 つまり、自分勝手な人やわがままの人や協調性のない人だけでなく、世の中のほとんど全ての人(本当はイヤだけど、今はこっちを...)といった選択をしているのです。

また、"人によって"の部分を"時と場合によって"と置きかえることもできます。

  1. 個人が賛同する社会的見解
    みんなにとっても好ましいもの(こと)だし、自分にとっても好きなもの(こと)である
  2. 個人が賛同しない社会的見解
    みんなにとっては好ましいもの(こと)だけど、自分にとっては好きなもの(こと)ではない

 つまり、これら両方のケースが日常的に起こっているわけです。
 1番であれば問題ありませんが、2番のときに個人がどう対処するかによって、その人への周囲の評価が変わってきます。

  1. 個人が賛同する社会的見解への対応
    個人が賛同しない社会的見解の場合でも、自分は同意して従う
  2. 個人が賛同しない社会的見解への対応
    個人が賛同しない社会的見解の場合は、自分は同意しないし、従わない


 時と場合にもよりますが、いつもいつも「B」の人は"わがまま"とか"自分勝手"とか"マイペースすぎる"とか言われて、扱いにくい人と思われてしまうでしょう。  逆に、いつもいつも「A」の人は"素直"とか"モノ分かりが良い"とか"大人の対応"とか言われて、扱いやすい人と思われるでしょう。

 会社内など公共の場では、基本的に「A」の姿勢をとっておくのがベストとは思いますが、プライベートな対人関係では、「A」と「B」のバランスを上手にとっていくのが良いのです。
(いつもいつも「A」番だと"ただのいい人"と思われてしまうので...)

つづく

前のページ 12 次のページ

人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -

トピックス

topics
恋愛感情の起源-生物学的見地
 そもそも恋愛格差というものは、今に始まったことではありません。古来から"モテる男性"と"モテない男性"は歴然と存在していました...
by.男って、絶対に浮気...より
「好き」の構成要素
 今回は好きという感情がどこからきて、何に由来し、何がその感情を引き起こす原因になっているのかについて考えてみたいと思います...
by.好きと嫌いの仕組みより
嫌われる人の特徴
 嫌われる人の特徴は、いい人であれば誰もが知っています。そして、いい人は、自分はそうならないようにいつも気をつけています。だから、一見、いい人は嫌われる人の特徴のどれにも当てはまりません...
by.いい人がモテない理由...より


メールマガジン登録

お名前(ハンドルネーム可)

メールアドレス


本の紹介

●蜜柑寮
〜キミを奪う天使とボクを救う悪魔〜

『蜜柑寮』 書籍画像1

■恋愛経験がなくて、勇気を出すこともできない人間が『最初に獲得するべき自信』とは?
■リアルな恋愛の第一歩すら踏み出せない人が行なうべき【その準備と初めの一歩】!

■著者:木下雄介
■オリジナル版:\1,750-
 〃 (PDF版:\1,400-)
■〃・解説付き:\1,950-
 〃 (PDF版:\1,560-)

※ご購入は販売方法について
※本の解説ページはこちら


ご意見・ご感想メール


広告サイト

ガリレオ占星術
 西洋占星術の新解釈〜ガリレオ占星術

広告募集