人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -
優しい男に振られる女
http://pata.cocotte.jp

複雑な人間関係や不可思議な恋愛感情など、人間について独自の視点で科学する雑学サイト


※携帯サイトへ
イメージ画像 hisigata_blue004.gif

優しい男に振られる女

 若かったり、まだ経験が浅かったりする頃は「クールな男性が好き」とか「ツンデレな人にトキメク」なんて言っていても、ある程度の経験を積んだ女性の多くは「やっぱり優しい男が一番!」と思うようになってきます。ですが、やっとの思いで捕まえた優しい男性に振られてしまい、悲しい思いをする女性が後を断たないのも事実です。(あんなに優しかったのに何故...?)と後悔してからでは遅すぎるのです。


1.優しい男に振られる女

イメージ画像049
 さほど優しくもない男から振られるのであれば、最初から遊びだったり、単純な心変わりであったり、相手の一方的な身勝手さが原因になっていることも充分にありえます。

 ですが、優しい男性から振られるのは、彼女自身に何らかの原因があることが大半です。それが良いか悪いかは別として、彼女自身が優しい男性の心理を理解していないことが大きな原因の一つになっている可能性があります。

 優しい男性の心理についてお話しする前に、ここで取り上げる優しい男性とはどんな男性のことを言うのかハッキリさせておきます。

 ここで言う優しい男性とは、ただのいい人ではなく、本物の優しさを持っている男性のことです。心が広く寛容で、彼女のワガママは何でも聞いてくれ、彼女が喜ぶことを積極的に行ない、いつもニコニコ笑っているような男性のことです。時には怒ったり叱ったりすることもありますが、それも全て彼女を思ってのことです。

 ある意味、

自分がして欲しいことは、相手にも"積極的に"行ない、して欲しくないことは、相手にも"絶対に"しない。

 といったことを本能的・経験的に理解し、実践している人です。もちろん、男女の価値観の違いや感じ方の違いがあるので、「して欲しいこと・して欲しくないこと」の男女間の翻訳をうっかり誤まってケンカになることもありますが、変な意地を張ることなくキチンと仲直りすることも出来ます。

 また、中には"本能的・経験的に"ではなく、自らの"ポリシーとして"本物の優しさを身につけようとしている人もいます。そういう人は、自己コントロール力(自律心)が強く、(自分自身への)理想が高く、常にその理想に近づくための努力をし続けています。逆に、そうでなければ本物の優しさを維持することは出来ません。もちろん、そのベースには大切な人への愛情があります。
 一見、このタイプの人は無理をしているように見えることもありますが、本人には、無理をしているという自覚はありません。むしろ、理想に向けて努力している状態が彼にとっては自然なのです。

≪一般的な「よく振られる女」の特徴≫
  1. ネガティブ思考で「私のことが好きかどうか」いつも聞いてくる。
  2. 他人や世の中に対する不平不満や悪口を言うことが多い。
  3. 彼氏を束縛し過ぎる。電話やメールが多すぎる。
  4. 明らかにつき合ってから太り始めた。
  5. 部屋が汚い。
  6. 料理が下手。
  7. デート代を全て彼氏に払わせて当たり前と思っている。
  8. ブランド品で全身を固めている。
  9. よく分からない理由でヒステリーを起こす。
  10. 言葉使いが悪い。
  11. 「仕事と私どっちが大事なの?」と禁句を言う。
  12. 食べ物の好き嫌いが多すぎる。
  13. マザコン・ファザコン・ブラコン・シスコン。
  14. 社会人・人間としての常識がない。
  15. 結婚の話ばかりしてくる。
  16. etc...。


イメージ画像065
 これら大半のことは優しい男性にとってほとんど問題のない項目です。(もちろん、程度問題ではありますが...。)優しい男性はそのままの彼女自身を愛そうとするからです。

 たとえば「私のことが好きかどうか」聞かれれば、喜んで「好きだよ」と言ってあげます。少しぐらい太り始めたって、安心してくれている証拠と思って逆に喜びます。「仕事と私どっちが大事なの?」の質問だって、模範解答を必死に考えたりします。結婚の話にしても、そもそも彼だって充分に意識しています...これが本物の優しさを持つ男性です。

 ですが、あえて上のリストに入れませんでしたが、優しい男性である彼氏に対して「これだけは絶対にやってはいけない」項目と「ほどほどにしておかなければいけない」項目があります。

≪優しい男に振られる女の特徴(絶対にやってはいけない)≫
  1. 連絡や誘いや提案は彼の方からばかり。デートプランなども全て彼まかせで常に待ちの姿勢
  2. 彼からの誘いや提案を断った前後のフォローの言葉がない、またはフォローが不充分
≪優しい男に振られる女の特徴(ほどほどにしなければいけない)≫
  1. 自分の話ばかりで、彼の話はロクに聞かない。
  2. 外出するときの服装が無頓着過ぎる
  3. 彼の友達や家族を大切にしない。彼の友達や家族を陰で悪く言う。

 上記の項目については充分に注意しなければいけません。いつもいつも信じられないほど寛容な彼が、一瞬で気持ちが醒めて、あなたとの別れを意識し始めてしまうほどの危険性が、これらの項目には含まれているのです。



2.優しい男の心理

 ここでは、前章でお話しした≪優しい男に振られる女の特徴≫について、優しい男性がどのような心理で心が冷めてしまったり、別れを決意していくのか掘り下げていこうと思います。

1.連絡や誘いや提案は彼の方からばかり。デートプランなども全て彼まかせで常に待ちの姿勢 。

イメージ画像053
 優しい男性は、自ら積極的に彼女を誘うことによって全力で愛情をアピールします。そうなると彼女の方は、ついつい愛されている実感に酔いしれてしまい自分の幸せにしか目がいかなくなってしまうかもしれません。ですが、そんな優しい彼氏だって心の底では「彼女からの愛情」が欲しいと思っているのです。

 にもかかわらず、彼女の方が何の積極性も見せずに、何から何まで彼まかせにしていると、

(この子は本当に俺のことが好きなのだろうか? もしかしたら、誘われるから"仕方なく"つき合ってくれているだけなんじゃないだろうか?)

...と不安になってしまいます。

 とはいえ、優しい男性は「俺のこと本当に好きなの?」と質問したり、不安な気持ちを表情に出したりすることはありません。仮に「好き?」と聞いたとしても「好き」と返ってくるのは当たり前なので、本当に好きである証拠にはならないからです。また、うっかり表情に出して、愛情表現を欲しがっていることがバレたとしても、彼女が愛情表現をしてくるのは当たり前なので、これもまた何の証拠にもなりません。

 優しい彼氏が、一度でもこういう気持ちを持ち始めてしまったら、もはやほとんど手遅れです。こうなってしまってからでは言葉でどんなに愛情を伝えても無意味であり、よっぽど強力な愛情表現をしない限り、彼に信じてもらうことは不可能です。だから、常日頃からシッカリと愛情表現をし続ける習慣を持つことが必要なのです。

2.彼からの誘いや提案を断った前後のフォローの言葉がない、または不充分。

 とりわけ優しい男性は、女性が思っている以上傷つきやすい生き物です。内容が何であれ、女性からの拒絶に対する傷つきやすさは、さほど優しくもない男性の比ではありません。

 第一章(1.優しい男に振られる女)でもお話ししましたが、「自分がして欲しいことは、相手にも"積極的に"行ない、して欲しくないことは、相手にも"絶対に"しない。」と心に決めているので、彼女に拒絶されたショックに加えて、(自分は彼女がイヤがるような要求をしてしまった)といった罪悪感・自己嫌悪感に苛まれ(さいなまれ)てしまうのです。また、

(もしかしたら、これで彼女に嫌われてしまうかもしれない...。)

という思いと(まさか、たった一度ぐらいでそこまではないだろう...。)という思いが彼の頭の中で葛藤し始めます。この、ほんのわずかに芽生えた"嫌われてしまうかもしれない危機感"に対して、彼女のフォローが無かったり、不充分だったりすると、その小さな危機感はいつまでも彼の心の中に居つづけてしまいます。そして、この小さな危機感は、長い時間をかけて確実に彼女への不信感へと繋がっていくのです。


イメージ画像069

3.自分の話ばかりで、彼の話はロクに聞かない。

 あんまり自分の話ばかりだと(俺にはあまり興味がないんじゃないだろうか?)と思ってしまいます。単に話の聞き役として利用しているだけ(別に相手は俺じゃなくても良いんじゃないだろうか...?)なんて考えてしまいます。

4.外出するときの服装が無頓着過ぎる。

 外出時の服装が無頓着過ぎる場合は良い面悪い面があります。良い面は(自分に完全に心を許してくれている)と思えることです。悪い面は(周りの人に対して、一緒に歩いている俺の立場を考えていないんじゃないか...?)と感じてしまう点です。

5.彼の友達や家族を大切にしない。彼の友達や家族を陰で悪く言う。

 これは単純な話です。優しい男性は、自分の恋人だけでなく友達や家族のことも大切にしています。大切にしているものを悪く言われれば、誰でもイヤな気持ちになります

 これは"そのままの自分を受け入れて欲しい"という思いが強すぎる女性に多く見られる傾向です。確かに、そのままのお互いを受け入れ合える関係は、理想的と言えば理想的なのですが、その大前提として、お互いを思いやる気持ちが無ければ、ただのワガママ・自分勝手です。彼氏が優しい男性の場合、彼女の側はこの大前提をついつい忘れてしまうのです。



3.優しい男に振られる女性の傾向

 優しい男性が別れ話を切り出してくるのはいつも突然です。別れを決断するその直前まで彼女のことを大切にしようとするからです。それゆえ(別れの)危険予知は極めて難しいものになります。

 ですが、その前兆は出ていたはずです。優しい男性はハッキリとその前兆を示します。にもかかわらず、「優しい男性が好き」という女性は不思議とその前兆に気づくことができないのです。

イメージ画像115
 優しい男性とつき合って得られる最大のメリットは安心感です。しかし、実はその安心感こそが最大のくせものなのです。彼に対する思いやりを忘れ、自分のことにしか意識が向かなくなったとき、その安心感は油断へと変化していくのです。

 とりわけ「優しい男性が好き」という女性に多くみられる傾向として、愛情表現不足甘え過ぎ(自分勝手やワガママ)無償の愛への幻想の3つがあげられます。

 ある程度の経験を積んでもなお「クールな男性が好き・ツンデレ男が好き」という女性ならば不思議と犯すことのないこのような失敗を、「優しい男性が好き」という女性は犯してしまうのです。

≪優しい男に振られる女性の傾向≫
  1. 愛情表現不足
  2. 甘え過ぎ(自分勝手やワガママ)
  3. 無償の愛への幻想


1.愛情表現不足

 第二章(2.優しい男の心理)でも触れましたが、愛されている実感に酔いしれてしまい、ついつい自分から相手に愛情表現するのを忘れてしまいます。安心感からくる危機感のなさが問題なのです。

 ちなみに、言葉で伝える愛情表現は男性に対して効果は薄いです。なぜなら、男性脳と女性脳の研究から、男性よりも女性の方が言語能力が高いからです。(一般的な傾向で個人差はありますが。)

イメージ画像058
 もう少し詳しく説明すると、感情を司る(つかさどる)右脳と思考を司る左脳とを繋ぐ脳幹というものが、男性よりも女性の方が太い傾向があるからです。

 脳幹が太い女性は、いったん左脳(思考)に入ってきた愛情表現の言葉が素早くスムーズに右脳(感情)に送られるため、言葉のみで満足感を得られやすいのです。

 しかし、この脳幹が細い男性は、たとえ言葉で愛情表現されても、右脳(感情)へ送られるまでのタイムラグがあり、その間に左脳(思考)で、(どうせ口だけなんじゃないの?)とか (まあ、たぶんリップサービスでしょ。) といった左脳による判断が加わるため、言葉による愛情表現を受け流してしまう傾向が強いのです。

 だから、男性に対しては行動や態度による愛情表現が不可欠なのです。すべて彼まかせで積極性に欠ける態度が、優しい彼氏との関係にとって命取りになるのは、男女の脳の違いからも説明できるのです。

 彼の心が離れてしまってからでは、もはや言葉でどんなに愛情表現しても無意味です。(言葉と態度が違うし...)と思われてしまうだけです。あなたからの積極的な行動感情を込めた態度で挽回するしかありません。
(おそらく一度や二度で取り返せることはないでしょう。長い時間をかけて根気良く続ける必要があります。)

2.甘え過ぎ(自分勝手・わがまま)

 どんなに甘えても、どんなにワガママを言っても、優しい彼氏があなたを許してくれること自体に喜びを感じていませんか? まるで自分がお姫様にでもなったような気分にさせてくれる優しい彼氏が、とても素敵な存在として映ってしまっているのかもしれませんね。まるで白馬の王子さまのように...。

イメージ画像047
 ですが、こういった「シンデレラ・コンプレックス」に満ちた感情にいつまでも溺れてしまっていると、優しい彼氏の心はいつか遠ざかってしまいます。

(彼女は、自分が"愛されている快感"が好きなだけであって、俺のことが好きなわけではないんだろうな...。)

...彼の心にこんな言葉が浮かんでからでは遅すぎます。

 自分勝手は絶対にダメです。ある程度のワガママは良いかもしれませんが、自分がワガママを言った分だけ、彼に優しくしたり、積極的に思いやりのある言動をとる必要があるのです。

3.無償の愛への幻想

 愛されている実感に酔いしれて愛情表現不足になることも、お姫さま気分で自分勝手な言動やワガママを繰り返すことも、「彼は自分に無限の愛情を注いでくれる存在」と、誤った認識をしていることを意味しています。つまり、優しい彼氏の中に無償の愛を見出しているのです。

 優しい男性だって「自分の彼女からの愛情が欲しい」という立派な見返りを求めています。にもかかわらず、勝手に無償の愛の持ち主(=理想像)を当てはめてしまい、ひたすらそう思い込もうとしているのです。つまり、本当の彼を知りたいという気持ちが麻痺してしまっているわけです。

「恋は謎めいている方が刺激的」とよく言われますが、これは(相手のことをもっとよく知りたい)という欲求が刺激されるからです。決して「相手のことなど知らなくても良い」という意味ではありません。自分の理想像を勝手に相手に当てはめて自分だけの幸福感に酔いしれているようでは、優しい彼氏からの突然の別れ話が出るのも時間の問題になってしまいます。



4.無償の愛は存在するか?

 優しい男性の中には、多くの女性が望んでいる無償の愛大切な人に捧げようと考えている人がたくさんいます。ネガティブ思考な彼女であれば、誉めたり応援したりして元気を与え、束縛が激しい彼女であれば、彼女の気持ちを優先して出来るだけ一緒にいる時間を増やそうとします。部屋が汚ければ代わりに掃除をしてあげて、料理が下手でも「少しずつ上手くなれば良いよ」と言って安心させたりもします。

 ですが、そもそも「無償の愛」を持つ男性なんて、本当に存在するのでしょうか?

イメージ画像048
 優しい男性は、自分の恋人には(ただ一緒にいてくれさえすれば良い笑顔を見せてくれるだけで良い)と考えています。ある意味、それだけが彼が求める唯一の見返りとも言えるでしょう。

 また、自分の行動によって彼女が喜んだり笑顔になることを通して、自分が相手に幸せな気持ちを与えている自己満足感も、見返りの一つになっているケースもあります。

 ですが、(彼自身も自覚していないことが多いのですが)本当に欲しい見返りは別のところにあります。それは「自分を愛して欲しい」という欲求です。男女にかかわらず、全ての人に共通するこの欲求は、あたかも無償の愛を捧げてくれているように見える優しい彼氏だって例外なく持ち合わせているのです。

≪優しい男性が恋人に求めている見返り≫
  1. ただ一緒にいてくれること
  2. 笑顔を見せてくれること
  3. 自分が彼女を幸せにしているという自己満足感
  4. そして、その根底にあるのは自分を愛してくれること


 優しい男性は、本心では愛されることを望んでいるのに、それを口に出すことは絶対にしません。何故なら、自分は(愛情を)与える側の人間だと決めつけているからです。

 優しい男性は、いつ・いかなる時も彼女の気持ちを最優先に考えて行動します。
(そんなんで本当に幸せなの?)と、疑問を持つ人もいるかもしれません。もちろん、自分の気持ちもゼロではないですが、ただ一緒にいてくれること笑顔を見せてくれること自己満足感という立派な見返りをもらえているので、とりあえず何の不満もありません。無理をしている感覚もないし、我慢しているつもりも全くありません。

 ある意味、優しい男性は自分の欲求に対して非常に鈍感なのです。それはそうでしょう。もしも自分の欲求を満たすことへの優先順位が高ければ、彼女に対してそうそう優しくばかりも出来ませんし、そこまで寛容になれるはずはありません。しょせん別の人間であり、考え方も感じ方も価値観も違うのですから。

(こうしていれば彼女は自分を愛してくれるだろう...。)

という無意識的な期待を胸に、優しい男性は優しい男性としてのキャラクターを確立しているのです。

≪優しい男性の特徴(欠けている点)≫
  1. 自分の欲求に対して鈍感
  2. 自分は(愛情を)与える側の人間だと思っている。
  3. 自分には不満はないと思い込んでいる
  4. 無理をしているという自覚がない
  5. 自分の欲求を口に出すことを認めない
  6. 無意識の中では自分を愛してくれることを望んでいる。


 そんな優しい彼氏に対して、あなたはどんなことをしてあげられますか?

イメージ画像076
「もっと肩の力を抜いて気軽につき合ってよ。」と言ってあげますか? それとも「ちゃんと自分の本音をぶつけて!」と怒ったりしますか?

 おそらく、どちらもあまり効果はないでしょう。何故なら、本人は肩に力が入っている自覚もないし、本音を隠しているつもりもないからです。

 結論を言えば、本当の意味での無償の愛は存在しません。彼が優しいのは相手からの愛情が欲しいからであり、愛されている実感が欲しいからなのです。

 そんな優しい彼氏に対してあなたが出来ることは、愛には愛、恋には恋、優しさには優しさで応えてあげることしかありません。

 第一章(1.優しい男に振られる女)でお話しした言葉を思い出してください。

自分がして欲しいことは、相手にも"積極的に"行ない、して欲しくないことは、相手にも"絶対に"しない。


 そんな優しい彼氏の気持ちに応えて、あなたも同じ気持ちで接することこそが、お互いの信頼関係を盤石なものにするのです。


人間関係と恋愛を科学する雑学サイト - Little Riffle(リトルリフル) -

トピックス

topics
「好き」の構成要素
 今回は好きという感情がどこからきて、何に由来し、何がその感情を引き起こす原因になっているのかについて考えてみたいと思います...
by.好きと嫌いの仕組みより


メールマガジン登録

お名前(ハンドルネーム可)

メールアドレス


本の紹介

●純粋恋愛理論〔上〕
〜心のブレーキの外し方から、恋愛成就の"究極奥義"まで〜

『純粋恋愛理論〔上〕』 書籍画像1

■恋愛未経験で、はじめの一歩を踏み出せない人が (告白を成功させたい!)...と思うのであれば、まずは、自分自身のコンディションを「恋愛可能な状態」に持っていく必要があります。
■著者:木下雄介
■PDF版:\1,950-)
■書籍(紙の本):\2,450-
(※書籍はただいま準備中です。)

※ご購入は販売方法について
※本の解説ページはこちら

●蜜柑寮
〜キミを奪う天使とボクを救う悪魔〜

『蜜柑寮』 書籍画像1

■恋愛経験がなくて、勇気を出すこともできない人間が『最初に獲得するべき自信』とは?
■リアルな恋愛の第一歩すら踏み出せない人が行なうべき【その準備と初めの一歩】!

■著者:木下雄介
■オリジナル版:\1,750-
 〃 (PDF版:\1,400-)
■〃・解説付き:\1,950-
 〃 (PDF版:\1,560-)

※ご購入は販売方法について
※本の解説ページはこちら


ご意見・ご感想メール


広告サイト

ガリレオ占星術
 西洋占星術の新解釈〜ガリレオ占星術

広告募集